HUNTER×HUNTER

ハンターハンター387話「再現」【ネタバレ感想考察】「刹那の10秒」が強すぎる…!

11月5日発売の週刊少年ジャンプ49号にてハンターハンター387話が掲載されました!

前回までのネタバレ感想考察はこちらから⬇︎

ハンターハンター386話「仮説」【ネタバレ感想考察】ハルケンブルグが自身の能力について検証10月29日発売の週刊少年ジャンプ48号にてハンターハンター386話が掲載されました! 前回までのネタバレ感想考察はこちらから...

それでは、さっそくハンターハンター第387話のネタバレ感想考察をまとめてみたいと思います!

一部ネタバレを含む感想・考察になりますので、単行本派や未読の方は注意して下さい!
HUNTER×HUNTER387話の要点まとめ
  • 385話でツェリが死ななかった謎が解明
  • ツェリの能力は、目を閉じた状態で「絶」をすることで10秒間の未来を変えることができる能力(詳しくは後に説明)
  • 「絶」を使いこなす必要がある
  • ツェリの野望は世界征服

【HUNTER×HUNTER】最新刊はこちらから↓

 

ツェリの能力を考察

今回の387話は385話のやり取りがツェリ目線で描かれています。

ツェリは、「絶」状態でテータに銃で撃たれたはずなのに生きていました。「絶=念が使えない」という状況なので、謎に思った人も多かったと思います。

どうして生きていたのかというと、結論から言えばやはりツェリの念能力でした。

それは守護霊獣の能力なのかツェリ自身の能力なのか…?詳しくは分かっていません。

「絶」で、守護霊獣は姿を消しているのでツェリ自身の能力だと考えるのが妥当かな?

ツェリの能力を簡単にまとめると…

目を閉じて「絶」をすると瞬間的に10秒先の未来が見え、そのまま目を閉じ続けながら「絶」の状態を維持すると、10秒後に未来視が続きながら現実世界の時間が動き出し、目を開くと10秒前に視ていた未来を追体験するというもの。

(HUNTER×HUNTER378話から引用)

追体験中の10秒間はツェリ自身が自在に動くことも未来を変えることも可能。さらに恐ろしいのは、ツェリ以外の人間はツェリが視た未来で起こったことをそのまま実体験として認識するので、ツェリが行動を変えてもそれを認識できません。

385話でテータがツェリを銃で撃ったのを認識しているのにツェリが死ななかったのは、そういうわけみたいですね。

ツェリの能力説明描写を見てもイマイチ、ピンと来なかったので自分なりにテータの身に起きた事を含めてまとめた表がこちらです。

間違っていたらごめんなさい…。

能力発動条件としては、目を閉じた状態の「絶」という事で能力的にはカミーラの「百万回生きた猫」に似ているのでしょうか?

それでもあれは迎撃型の能力だったので別物だと思っていたのですが、絶でも能力が発動するというレアなイレギュラー性は特質系あるあるなのかな…。

「絶」を極める=能力を使いこなす

能力を連続して使えることは確認できた…が 問題は”絶”を発動するまでの時間‼︎そして”絶”を維持する技術‼︎この2つを極めなければこの能力は真価を発揮しない‼︎(HUNTER×HUNTER387話から引用)

完璧な「絶」を瞬間的に発動し、いかなる場面でも「絶」を維持することができれば、まさに無敵の能力

極端な話、例えばベンジャミンがツェリの目の前に現れ攻撃を仕掛けてきて、その瞬間にツェリが目を閉じて絶をし「刹那の10秒」を発動することができれば、10秒前に戻って余裕で攻撃を回避することができます。

いかなる場面でも「絶」を維持することが出来れば、「刹那の10秒」が終わった後も自分の好きなタイミングで10秒間の追体験する時間を自在に操れます。

なのでツェリが言うように「絶の発動時間」「絶を維持する技術」を身につければ世界を制することも可能だと言っても過言ではありません。

まあ、それでも念の世界だと色々あると思うので無敵とは言いがたいかもしれませんがそれでもかなり強力な能力!

いよいよチート級の能力(笑)

ツェリードニヒの野望は世界征服

だが…”絶”さえ‼︎自在に操れるようになれば…オレが継承戦を制覇する…‼︎!そして世界を…‼︎!(HUNTER×HUNTER387話から引用)

387話で個人的に一番注目したいのはツェリードニヒ の隠れた野望

継承戦を制して王になるだけではなく、世界を制したい様子。その辺は第1王子ベンジャンの野望とも少し似ているようで似ていないのかな。

ベンジャミン ➡︎ カキンの世界統一
ツェリードニ ➡︎ 世界を制したい

どちらにせよ、二人とも国王になったその先を見ているみたいです。

他の王子はその辺は特に考えていないようなので、やはりこの二人の戦いに注目したいですね!

まとめ

以上、ハンターハンター387話のネタバレ感想考察でした!

ツェリの能力が規格外の強さで驚きでした。

継承戦の中心人物であるツェリさんの能力がこれだけ複雑だと、どうやって王子らの戦闘描写を描くのかかなり難しそうですね(笑)

ツェリさんの修行も大詰めでそろそろ本格的な王子同士の戦いになるのかも…?
【ハンターハンター】王位継承戦 14人の王子の関係性を図解でまとめてみた王位継承戦において重要になってくるであろう、王子同士においての関係性を軽く図解にしてまとめてみました。(※383話現在までの情報のまとめ...
ハンターハンター386話「仮説」【ネタバレ感想考察】ハルケンブルグが自身の能力について検証10月29日発売の週刊少年ジャンプ48号にてハンターハンター386話が掲載されました! 前回までのネタバレ感想考察はこちらから...
ハンターハンター385話「警告」【ネタバレ感想考察】ツェリードニヒの守護霊獣の能力が判明!10月22日発売の週刊少年ジャンプ47号にてハンターハンター385話が掲載されました! 前回までのネタバレ感想考察はこちらから...
ハンターハンター384話「抗争」【ネタバレ感想考察】ツェリードニヒの2体の念獣10月15日発売の週刊少年ジャンプ46号にてハンターハンター384話が掲載されました! 前回までのネタバレ感想考察はこちらから...
ハンターハンター383話「脱出」【ネタバレ感想考察】カチョウ死亡!【悲報】10月6日発売の週刊少年ジャンプ44号にてハンターハンター383話が掲載されました! 前回までのネタバレ感想考察はこちらから+...
ハンターハンター第382話「覚醒」【ネタバレ感想考察】サレサレ死亡!こんにちは!Runba(@manga_Runba)です♪ 本日10月1日発売の週刊少年ジャンプ44号にてハンターハンター382話が掲載...
ハンターハンター第381話「捕食」【ネタバレ感想考察】捕食者が強い!こんにちは!Runba(@manga_Runba)です♪ 本日9月22日発売の週刊少年ジャンプ43号から、ついに待ち望んだHUNTER...