ONE PIECE

『赤ざや9人男』の正体が発覚!徹底考察 「双子岬でクロッカスと会っている」

鎖国されているワノ国を開国しようとしていたとされる、おでんとその家臣「赤ざや9人男

その正体とは一体…?

今回は様々な観点から「赤ざや9人男」について考察していきたいと思います!

赤ざや9人男とは?

「赤ざや9人男」とは、おでんと共に開国をしようとしていた者達のこと。

(ONE PIECE919話から引用)

トキの死ぬ間際の言葉以前に「赤ざや9人男」として認識されていたということになるので、ルフィ達やモモの助がメンバーの一員ということは無さそうです。

「二十年後を編む月夜に九つの影を落とし」という台詞から察すると9人の侍」のメンバーで構成されていると思われます。

「赤ざや9人男」とだけではなく、「赤鞘9人男」とも呼ばれていたので、単純に「鞘が赤い刀を持つ9人の男たち」だという意味だったりするのかな?

錦えもんらの本当の鞘は、「赤ざや9人男」だとバレないようにあえて隠しているのかも

赫足のゼフの異名のように、「刀の鞘が血が染まる」みたいな感じなのかもしれませんね。

赤ざや9人男のメンバーと思われる人物

今はまだ明らかになっていない赤ざや9人男のメンバーですが…

(ONE PIECE920話から引用)

「あなた方」と言っているこの描写から察するに「錦えもん」「カン十郎」「雷ぞう」の3人は確定だと思います。

しかし、気になるのは「モモの助」と「お菊」について。

「モモの助」は赤ざや9人男ではない

ファンの間でも、モモの助が赤ざや9人男の一人であるかのように議論されていますが、そもそも果たして本当にそうなのでしょうか?

冒頭でも少し触れたように、おでんと共にワノ国を開国させようとしていていたのが 「赤ざや9人男」です

ということは、そこに幼きモモの助が含まれているとは考えにくい。

トキの死に際の発言からするにモモの助が含まれていてもいいような気がしますが…おでんと開国をやろうとしていた者として挙げられているのでざや9人男」は、おでんの家臣で構成されていると考えた方がいいのかもしれません。

「お菊」も赤ざや9人男なのか?そもそも男なの?

「赤ざや9人男」という事で、そのメンバーは名前の通り性別が「」で構成されているに違いありません。

しかしお菊は横綱が惚れるほどの美貌の持ち主で、誰がどこからどう見ても「」です。

しかし、彼女自体「」という事で自身のことを「拙者」と呼んでいます。背丈も2~3m程度で、ゾロからは「でけぇんだな お前」と言われています。

もしもお菊が本当に女の人なら失礼すぎる(笑)

一人ワノ国で敵側の調査をしていたお菊。

(ONE PIECE920話から引用)

その理由はもしかしたら5人の中で唯一、変装(女装)ができて正体がバレずに調査できるからなのかもしれません!

当然20年前は男としての姿なので、「お菊」として女装すれば誰にもバレることはありません。お菊の存在を知っている人がいても20年の時が流れているはずですし。

錦えもんには「菊」と呼ばれているので、本名は「○○お菊」ではなく「○○菊」なのかも?

そう考えるとエロい錦えもんがお菊に抱きつかれても全く反応しなかったことにも納得がいきますね!

しかし、916話では自分に手を出そうとしている浦島に対して、女性と思わせるような発言をしています

ーーでもやっぱり女に手をあげる程度の男……!(ONE PIECE916話から引用)

しかし、これは自分が女性として認識されているという設定の上での発言とも捉えることができます。

もしかしたらお菊の本当の性別は」なのかもしれません。剣術の実力も考慮した上で考えると、お菊は「赤ざや9人男」の可能性が高いと言えますね。

「ネコマムシ」と「イヌアラシ」も赤ざや9人男なのか?

かなりの実力者なのにも関わらず、おでんの家臣におさまっているネコマムシイヌアラシ

過去にはおでんと共にロジャー海賊団や白ひげ海賊団にも乗船したことがあると言う。

そんな彼らは「赤ざや9人男」のメンバーなのだろうか?

おでん城の跡地に立っている墓の描写を見てみると、全部で11個(?)の墓が立っています。

(ONE PIECE920話から引用)

その内4つの墓には屋根らしき物が付いていて、おそらくそれらは光月家のものだと思われます。

  • 光月おでん
  • 光月トキ
  • 光月モモの助
  • 光月日和

だとすると、残る墓は7。これらは家臣である錦えもんらの物であると見て間違いないと思いますが、だとしたら「赤ざや9人男」ということで2つ足りません。

途中イガミ合うネコマムシとイヌアラシがオロチの手の者に捕まり2人の命は諦めた…‼︎(ONE PIECE920話から引用)

ネコマムシとイヌアラシは捕まったものの、どういう訳か現在は生きているということで捕まった後に逃げ出せたもしくは解放されたということになります。

もしも立てられている墓の数が本当に11個だとするなら、ネコマムシとイヌアラシは生きているので、立てられている墓の数にも辻褄が合う!

なので、ネコマムシとイヌアラシが「赤ざや9人男」である可能性が高いと思います。

笠をかぶっている人物も「赤ざや9人男」かも…

(ONE PIECE920話から引用)

20年前の回想の描写で錦えもんらと並んで描かれている笠をかぶった人物。錦えもんらと並んで描かれている事から、彼も「赤ざや9人男」である可能性が高いと言えます。

そんな彼は実は意外なところで登場していた…?

笠をかぶっている人物がクロッカスと会っていた⁉︎

ONE PIECE63巻に収録分の世界の甲板からvol.16「双子岬」で描かれているシーンに、この笠をかぶっている人物が登場しているんです!

(ONE PIECE63巻から引用)

クロッカスと盃を酌み交わしている笠の人物。

ファンの間ではこの人物が「シキ」「元ロジャー海賊団のメンバー」「ヨーキ船長」など様々な予想がされていましたが、この人物は「赤ざや9人男」と思われる笠の男と同一人物なのかもしれません。

少し笠がボロくなっていて、後ろ姿もどことなく貫禄が感じられます。

もしも錦えもんら以外の「赤ざや9人男」が生きているのだとしたら、20年前の窮地から生き延びて、20年分の歳をとっているということになる。

そう考えると容姿や雰囲気にしてもピッタリと当てはまり、同一人物のように思える!

もし仮に2人が同一人物だとしたら気になるのは、トキの予言の通りの「20年後」の真っ最中だというのに、クロッカスと呑気に一杯やっている理由です。

クロッカスと会っていた理由?ロジャー海賊団の再集結⁉︎

当然この人物が”赤ざや9人男”の笠の男だとすれば、過去にロジャー海賊団とは面識があるはずです。

拙者達も”白ひげ”や”ロジャー達とは彼らが上陸した折に面識はある(ONE PIECE820話から引用)

同船していたネコマムシやイヌアラシ程ではないにしても、ロジャー海賊団が上陸した際に仲良くなっていると思います。

クロッカスと会っていた理由は、ただ懐かしの顔を見に来たというわけではなく、開国をするために一緒に闘ってもらうためなのかもしれません。

もしかしたらワノ国に元ロジャー海賊団の船員が再集結!なんてことがあるのかも⁉︎

そこに白ひげ海賊団の残党達や麦わら傘下の海賊団が集まり、更にはビッグマムやロックス、世界政府なんかも関わって来たら…

尾田先生が年末に言っていた頂上戦争がかわいく見えてくる戦いが見られるのではないのでしょうか…?

「赤ざや9人男」のまとめ

ということで、これまでの考察をまとめて「赤ざや9人男」のメンバーだと思われる人物は…

  • 錦えもん
  • カン十郎
  • 雷ぞう
  • お菊
  • イヌアラシ
  • ネコマムシ
  • 笠の男

の7人ぐらいでしょうか?あと2名の正体は全くの謎に包まれていますが、もしも笠の男が双子岬でクロッカスと会っていた人物と同一人物なら、同じように外で仲間を募っているのかもしれませんね。

お菊が反応していたこと以外に思い当たる描写がなかったのでしっかりと取り上げませんでしたが、もしかしたら酒天丸も「赤ざや9人男」のメンバーかもしれませんね!
個人的には、酒天丸はアシュラ童子の子孫なのかな何て思ったりしています。

ということで以上、「赤ざや9人男」についての考察でした!