ONE PIECE

ONE PIECE333巻 転売価格が恐ろしいことに…!

2015年3月に開業した東京ワンピースタワーですが今年2018年3月に遂に3周年を迎えました。

現在、東京ワンピースタワー3周年を記念し、入場者を対象に”ONE PIECEコミックス333巻”を配布するキャンペーンをしています。

ONE PIECE333巻

 

配布日

2018年3月9日〜なくなり次第

配布対象者

LIVE&PARKPASS(チケット)にてに入園したもの。 お一人様一冊の配布

 LIVE&PARKPASS(チケット)の値段

前売り券

大人(19歳以上):3000円

中学生・高校生(13〜18歳):2600円

幼児・小学生(4〜12歳):1500円

当日券

大人(19歳以上):3200円(+200円

中学生・高校生(13〜18歳):2700円(+100円

幼児・小学生(4〜12歳):1600円(+100円

 ※()の中の数字は前売り券との比較値です。

この333巻がネットでかなり高額で転売されています。

転売価格が単行本の定価の約18倍⁉︎

 

すごい値段ですよね。相場が

およそ7000円〜8000円程度

単行本の定価が432円なので約18倍です。

物凄い高騰っぷり。

チケットの前売り券が当日券でも大人で

3200円なので実質 倍以上の値段ですね。

転売価格が高騰している理由としては…

東京ワンピースタワー入場者限定だという事

と、なくなり次第(数量限定)というとこ。

更には収録内容が豪華で原作ファンも楽しめる

ものとなっており、欲しい人が沢山いるのも

頷けます。

 

東京という本当に一部の地域での配布というのが

憎いですよね。今回ばかりは手に入れれない人が

続出するのではないのでしょうか…。

 東京ワンピースタワー限定配布なので地方の方だと

なかなか行けないですし、なくなり次第終了なので

時期を見合わせて行くこともできません。

私もその一人で、タイミングが合わずに

今回は行けなさそうです。

しかし、333巻は欲しい!

…そう考える人が多いため、その結果

転売価格の高騰に繋がったのでしょう。

最後に

転売自体を否定しているわけではありませんが

そのせいでもらえなくなる人もいるわけで…

転売屋としての意見に

「欲しい人がいるから妥当な値段で売るだけ」

という人がいますが、それは勿論言っていること

は至極真っ当なことですが…そのことについては

完全にモラルの問題ですよね。

転売屋がモノを提供して喜んで買う人もいれば

そのせいでモノを手に入れられなくて悲しむ人

もいます。

需要と供給のバランスが偏りすぎているので

こういうことになるので、できればですが

東京ワンピースタワーの運営者サイドにも

配慮してもらって、供給を増やして欲しいものです。

この先、さらに需要が上がるのか

はたまた需要が下がり値段が下がるのか…?

というか、ただただ一言…

シンプルにONE PIECE333巻欲しい!