HUNTER×HUNTER

ハンターハンター 376話 "決意" 感想

 

 

 

 

376話まとめ&感想

 

 

第8王子ハルケンブルグが王に直訴しに

きている描写から。

 

次の晩餐会までやはり謁見はできないみたい。

 

明日また来るよ手紙を持ってね 父上に会ってもらえるまで明後日も明々後日もね

HUNTER×HUNTER376話 “決意” から引用 

 

 

 

手紙も、継承戦をやめさせたいという内容のもの

でしょうか?

 

会えるまで何度も来るというと、やはりそれだけ

命が狙われる可能性も増えます。

 

 

 

拘束から解かれた第2王子カミーラ

 

 

 373話で第1王子ベンジャミンの命を狙って

侵入して念能力がバレてあっさり拘束された

第2王子カミーラ。

 

www.runbanozitaku.com

 

 

今回、裁判が行われ釈放…というよりは

両者V・VIPエリアで監視・拘留措置

痛み分けとなりました。

 

実際はムッセの能力でベンジャミンは常に

カミーラの動向を知れる為、痛み分けではなく

ベンジャミンの方が優勢です。

 

ムッセの能力は、左目でパームのように

映像として対象者を監視できるみたいです。

 

 

外出する際は裁判官指定の監視員を

帯同しなければならないみたいなので、

王に謁見しに行く道中のハルケンブルグを

狙うことはできませんね。

 

 

第4王子ツェリードニヒの私設兵 ミュハン死亡

 

バリゲンに続いて次はミュハンが刺客の

”サイレントマジョリティー”の餌食に。

 

ミュハンは第4王子の私設兵です。

 

第5王子ツベッパの私設兵隊長マオールと

第7王子警護担当のサトビが刺客の犯人が

クラピカ達だと疑い始めて場が混乱します。

 

しかし、第13王子マラヤームの警護に

当たっているハンター協会員のベレレインテ

が場をうまいこと納めます。

 

結果的にクラピカの念講習は、

続けたい人は続けるという形になりました。

 

話を見る限り、かなり頭の回る人物で

あることは間違いありません。

 

そしてマラヤームの能力で隔離されている

1013号室に、周りに怪しまれず情報を

届ける為ビルを10分貸してくれといいます。

 

もしもベレレインテが刺客の犯人だとすれば

ビルの命が危ないかも…?

 

 

 

カチョウとフウゲツ 二人で生き残る為に

 

 

カチョウはモスキート音でモールス符号を

送ってセンリツとコンタクトを取ります。

 

前話でセンリツが念能力についてカチョウに

説明するような描写がありました。

 

センリツの能力も当然聞いたはずなので

それを聞いてのモスキート音でのコンタクト。

 

必死にカチョウなりに生き延びる為に

色々と考えていますね。もちろん、

一人ではなくフウゲツと一緒に生き延びる為に…。

 

 

一方フウゲツは”魔法の抜け道”の能力を

把握しようと様々な考察をして一生懸命に

考えています。

 

わかった…‼︎一日一回なんだわこの魔法 そういえば昨日もトンネルから戻った後すごく疲れたし

HUNTER×HUNTER376話 “決意” から引用 

 

カチョウとの能力ではないみたいです。

フウゲツの念獣の能力ですね。

 

どうやら具現化系の能力みたいですね。

 

 

しかしながら、カチョウもフウゲツも

健気で泣けてきますよ…。

 

本当に二人には継承戦から生きて離脱して

欲しいものです。

 

 

第3王子チョウライの守護霊獣の能力

 

具現化系複合型の能力でコインの所有者が

複数の条件を満たすことによって

様々な複数の能力を発現するみたいです。

 

現段階では全く未知の能力ですね。

条件次第では強力な威力を発揮しそうです。

 

コインは能力者でなくとも見て触れれるみたい。

 

能力の全容を把握するには、

時間がかかりそうですね。

 

 

ツェリードニヒの言う土産とは?

 

 

殺されたミュハンと一緒に念の講習を

受けていた私設兵のダンジンですが、

クラピカに嘘はないと判断し講習の参加を

続行してもいいかツェリードニヒに確認を

取ります。

 

続ける場合覚悟はある?人を操るタイプの念能力者もいるんだろ?「教える」っていう行為が人を操作する能力を発動させる必要条件かもしれないよな…?

HUNTER×HUNTER376話 “決意” から引用 

 

 

そう考察するツェリードニヒ。

 

 

このまま続けるなら…講習の最終日ここに戻る時念の習得に関わらず正常を証明する土産が必要だぞ……?

HUNTER×HUNTER376話 “決意” から引用 

 

 

念の講習自体が操作系の能力の条件の

可能性があるから、操作されていない

証明として…

 

第14王子ワブルの首を持ってこい

ということですかね?

 

 

 

11日以内に絶を習得させようとするテータの狙いとは?

 

あと11日…間に合う…!王子の”絶”の習得……

HUNTER×HUNTER376話 “決意” から引用 

 

 

ツェリードニヒに”絶”を習得させる

その思惑とは?

 

テータの能力の発動条件が”絶”で、

”絶”をしている対象者に対して何かの

強制力を用いる能力なのかもしれません。

 

あと11日とは…?

次の晩餐会までの日数ですかね?

 

 

 

ツェリードニヒ 凶々しい特質系の能力者

 

念の戦闘で最も重要なスキルの一つ

『あらゆる想定』が自分より

上回っていると評価するテータ。

 

『あらゆる想定』ができるスキルに加え

圧倒的な念能力のセンス。

 

まさにツェリードニヒは天性の念能力者です。

 

そんな彼が能力の系統を調べる水見式を

やって見たところ…

 

 

 

 

やはり特質系でしたね。

注目するのは何よりもその凶々しさです。

 

 

f:id:Runba:20180306021234p:plain

 

 HUNTER×HUNTER376話 “決意” から引用

 

 

水が腐食していっている…?

 

 

 

一体彼がどのような能力にするのか

検討もつきませんが、それはそれは恐ろしい

能力になるのは間違いなさそうです。

 

 

彼の念獣の能力も気になりますね。

 

 

 

最後に

 

 

継承戦が複雑すぎて、情報が多すぎて

毎週毎週記事書く時にコミックスを読み返して

います(笑)

 

次にHUNTER×HUNTERが休載に入った時に

継承戦の設定や登場人物、能力について

まとめようと思います。