ONE PIECE

黒ひげ魔人説! 黒ひげの謎について【ONE PIECE考察】

おれの時代だ‼︎‼︎( ONE PIECE59巻から引用)

白ひげ海賊団2番隊に所属していた黒ひげこと、

マーシャル・D・ティーチ

彼は親友だった四番隊隊長のサッチを殺し、ヤミヤミの実の能力を手に入れました。

ONE PIECEの世界では悪魔の実の能力は2つ以上持てず、実を2つ口にしてしまうと体が跡形もなく飛び散って死ぬとされています。

なのにも関わらず黒ひげは、元々持っていたヤミヤミの実に加え、マリンフォード頂上戦争にて戦死した白ひげのグラグラの実の能力を奪うことに成功しています。

何故、黒ひげは能力を2つ以上持つことができたのか?

そのことについて、白ひげ海賊団1番隊隊長

不死鳥のマルコがこのように言っていました。

普通の人間ならば…絶対に無理だよいだがお前らも知る様にティーチは少し違う…‼︎体の構造が‘‘異形’’なんだよい‼︎ーーーそれがこの結果を生んだのか……‼︎(ONE PIECE59巻から引用)

体の構造が異形とは一体どういうことなのか?

この謎については様々な説がありますが、私が一番有力だと思うのは黒ひげ魔人説です。

今回は黒ひげの謎について考察するよ!

黒ひげ魔人説

みなさんスリラーバーク編で登場した魔人オーズを覚えていますか?彼の大きさはなんと巨人族の約3倍

f:id:Runba:20180131162339p:plain

(ONE PIECE777巻より引用)

尾田先生曰く、巨人族は通常12〜13m程度の設定らしいので3倍とると36〜39m程度になります。

かなりBIGサイズ!

黒ひげ魔人説は、黒ひげがオーズ並のビッグサイズで産れるはずだったのになぜか人間にしてはやや大きい程度で産まれ…体の構造が通常よりも異形になり、その結果複数の能力を得ることになったのではないかという説です。

以下の4つのポイントを重点的に説明します!

①どうして黒ひげの体は異形なのか

②海賊旗の骨の数

③「人の倍の人生を歩んでいる」とい言葉の真意

④SBSで描かれた黒ひげの幼少期

①どうして黒ひげの体は異形なのか

先程にも挙げた、マルコが黒ひげに対する「体の構造が異形」だと言うセリフ。

マルコは「お前らもよく知るように」と言っているので黒ひげの体の構造は、昔の仲間が良く知っているほどにわかりやすく異形をなしているということになります。

本来36〜39mで産まれてくる筈が3.44mという人間にしては少し大きい程度のサイズで産まれてきたとすれば体の構造が一目み見て分かる程に異形な形をしているはずです!

②海賊旗の骨の数

どの海賊団も基本的に自分のトレードマーク、象徴的なモノを海賊旗のデザインに入れていますよね。

黒ひげ海賊団の海賊旗はその名の通り、黒いヒゲのデザインがモチーフにされそうなのにも関わらず、海賊旗の特徴は3つの髑髏に3本の骨

f:id:Runba:20180131171758p:plain

ONE PIECE45巻  第440話“火拳VS黒ひげ”より引用)

3つの髑髏といえば、魔人オーズとリトルオーズjrの身に付けているアクセサリーに注目していただきたい。

魔人オーズは腰に3つの髑髏のアクセサリーを身に付け、リトルオーズjr.は胸にネックレスのように身に付けています。

f:id:Runba:20180131172735p:plain

( ONE PIECE48巻 第470話”オーズVS麦わらの一味”から引用)

f:id:Runba:20180131173237p:plain

( ONE PIECE57巻 第555話”オーズと笠”から引用)

この3つの髑髏のアクセサリーというのは、魔人族特有の民族衣装的なもので一族が象徴としているものだと考えると、海賊旗にそれを掲げるのも納得ができます。

しかし、先程からオーズ達の事を「魔人族」と表記して説明していますが、尾田先生曰く実際は巨人族の中でもとびきり大きく産まれた巨人族ってことだけらしい。

D(読者):尾田先生こんにちは‼︎さっそく質問です。オーズってかなりでかいけど、巨人族なんですか??巨人族だったらもしかして、エルバフの戦士?そのへんの分類をおしえてください!

 O(尾田):君のクラスにもデカイ奴っているでしょう?オーズは巨人族ですが、さらにその中でも超でかい人なんです。エルバフの戦士ではありません。世界には巨人族の住む島はいくつかあります。とある巨人の国で生まれた巨漢の大悪党。それがオーズです!

要するに魔人オーズと言われようとも結局は、ただの巨人族というわけです。

そのオーズが生まれたとある巨人の国

そこの文明の象徴やシンボル的なモノがこの3つの髑髏なのだと考えられます。

海賊旗の髑髏と骨の数が3つ

魔人オーズの大きさは通常の巨人族の3倍

という数字がやけに目立つように感じます。

とても偶然には思えない!

 ③「人の倍の人生を歩んでいる」という言葉の真意

人の倍の人生を歩んでいるお前がこの状況を理解できんわけがねェ(ONE PIECE45巻から引用)

バナロ島で黒ひげに対するエースのセリフ。当時のエースの年齢は20歳、黒ひげの年齢は38歳ということで、 単純に「おれの倍の人生」つまりエースの人生の倍という意味での言い方かもしれません。

しかしONE PIECE GREENでは

巨人族についてこのような説明をしています。

巨人族驚異の生態…‼︎巨人族の寿命は、何と約三百年‼︎しかも長生きな分、成長する速度も極めてゆっくり。人間の倍以上の時間をかけて、大人に成長していく。(ONE PIECE GREENから引用 )

つまり、黒ひげが魔人族だとしたら人の倍の時間をかけて成長していっていると考えられるので、そういう意味を含めての人の倍の人生というセリフだと捉えることもできます。

④SBSで描かれた黒ひげの幼少期

最後に黒ひげの過去についてです。

SBSで描かれていた黒ひげの幼少期のイラスト

f:id:Runba:20180131172555p:plain

(ONE PIECE63巻SBSから引用)

虐められていたのでしょうか?泣きベソかきながら一人寂しく座り込んでいるように見えます。月も描かれている為、時間が夜で場所が外だということがわかりますね。

夜に子どもが一人だけ?友人はともかく、両親や家族は一体どうしたのでしょうか…

黒ひげが大きな体で産まれてくるはずが小さく産まれてしまったことにより一族から仲間外れにされていたのかもしれません。

巨人族にとっては体の大きさは誇りで、オーズのように規格外の大きさで生まれてきたら尊敬され恐れられていたのかも。

もしも黒ひげが、魔人の国で唯一、前例のない小さな体をもって生まれてしまった存在だったとしたら?

有名な童話の『みにくいアヒルの子』のように仲間から醜いといじめられ、仲間外れにされ迫害されたのでしょう。

尾田先生は、何かの作品からオマージュをとったりするのが好きなのは有名な話

もしかしたら、黒ひげの過去は「みにくいアヒルの子」をオマージュにした悲惨な過去なのかもしれませんね。

 まとめ

以上、黒ひげ魔人説についての考察でした!

魔人説とカッコよくそれっぽいようなことを言っていますが、結局は魔人オーズも巨人族なので黒ひげ巨人説みたいになってしまいますね。

ただ、補足するとあまり目立たない黒ひげの特徴で「物凄いタフ」だということが言えます。

ヤミヤミの実の能力によって、普通よりもダメージを多く食らってしまうのにも関わらず、瀕死とはいえ白ひげから顔面にグラグラの力で攻撃を食らったり薙刀で斬られたり…それなのにも関わらずピンピンしていますからね。

その辺も異形なのと関わりがあるのかもしれません。

まだまだ黒ひげについては謎ばかり…。

情報が入り次第、随時追記していきますね!