漫画を我慢できますか?

好きな事は我慢しないほうがいい。雑記ブログ

漫画を我慢できますか?

【映画】七つの大罪 『天空の囚われ人』あらすじ・感想まとめ※ネタバレ注意

 

f:id:Runba:20180831211416j:image

 

累計発行部数3000万部突破の大ヒット作品『七つの大罪』が待望の映画化!

 

なんと今作の『天空の囚われ人』は原作者・鈴木央先生描き下ろしの完全新作オリジナルストーリー!

 

もはやこの時点で原作ファンからしたら、ワクワク全開ですよね!

 

ほんとに楽しみにしてた♪

 

今回は『劇場版 七つの大罪~天空の囚われ人~』のあらすじと感想をまとめて紹介したいと思います!

 

【七つの大罪】最新刊はこちらから↓

 

小説【七つの大罪】天空の囚われ人(KCデラックス)↓

【アニメ】七つの大罪を無料で見る方法

 

アニメ七つの大罪を存分に楽しむなら、U-NEXTがおすすめ!「七つの大罪」「聖戦の予兆」「戒めの復活」のすべて無料で観ることができます♪(2018年9月現在)

 

U-NEXTはアニメだけではなく、ドラマ・映画など登録作品数が12万本を超える登録数で圧倒的な人気を誇る動画配信サービス。

 

月額料金が1990円と他の動画サービスと比べても高額ですが、その分サービスの質は申し分ありません!31日間の無料お試し期間があるので是非試してみてください!

 

 

もちろんお試し期間内に解約すれば無料! 

 

U-NEXT無料体験はこちらから

 

 

 毎月「1ポイント=1円」で使えるポイントが、1200ポイント貰えるので、U-NEXT内での有料映画・漫画などの閲覧に使えます!利用すれば実質月額790円みたいなものなのでかなりお得ですよ♪

 

 

 

劇場版 七つの大罪~天空の囚われ人~

 

youtu.be

 

ストーリー

ここは妖精族や女神族や魔神族が存在する世界。魔神族の暗躍により、滅亡寸前だった大国・リオネス王国を救ったのは、大罪人であり伝説の騎士団〈七つの大罪〉と、ひとりの王女だった。そして、リオネス王国に平穏がもたらされてから少し時が流れたころ――。
 国王の誕生日を祝うため、幻の食材・天空魚を探しに辺境の地へやって来た〈七つの大罪〉たち。団長のメリオダスと、人の言葉を話す豚のホークは、天空魚を求めるうちに空高く、雲の上に存在する天空の世界“天空宮”へと飛ばされてしまう。
 天空宮には翼をもつ “天翼人”が暮らしている。メリオダスは掟を破った天翼人の少年と間違えられて牢屋へ入れられてしまう。天空宮では三千年間封印される凶悪な魔獣の解放を防ぐため、儀式の準備をしていた。
 だが封印を解こうと天翼人の命を狙う、“ベルリオン”率いる強靭な魔神族の集団〈黒の六騎士〉が姿を現す。残虐非道な彼らからみんなを守るため、メリオダスたちは〈黒の六騎士〉と激突する!

劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人|東映[映画]から引用

  

入場者特典

 

 

 

入場者特典は鈴木央先生描き下ろし漫画と、キャラクターデザインを担当した佐々木啓悟さん描き下ろしポストカード(スペシャル動画視聴シリアルコード付き)! 

 

ポストカードの裏には「シリアルコード」がついていて、QRコードから飛びメアドとシリアルコードを打ち込むと、ポストカードに描かれているキャラの声優さんが登場するスペシャル動画が視聴できます。

 

f:id:Runba:20180831234607j:image

 

七つの大罪~天空の囚われ人~あらすじ・感想まとめ【※ネタバレ注意】

 

 

まずはじめに観た後の感想としては…

全然、期待してたのと違う。

 

もうその一言に限りましたね。

 

『黒の六騎士』が弱すぎた

 

というのも、今作に登場した敵の『黒の六騎士』

彼らにはあの『十戒』も手を焼き、魔神王からも見放されていると言われている程の実力者という設定。

 

なにが期待はずれだったかって、そもそも根本的に『黒の六騎士』が弱すぎるんですよね。25巻の原作の本編でも名前を出したり、十戒と比較したり魔神王の名前まで出した割には弱すぎる。

 

 

ぶっちゃけ、七つの大罪のサンドバッグ要員でしかなかったです(笑)苦戦するとかそういうのはまったく無くて、ただただ一方的にボコボコにされただけ

 

七つの大罪たちの必殺技のシーンは普通にカッコよかったのですが、『黒の六騎士』の必殺技はなんかショボかったような…というかあまり記憶に残っていません。

 

まーでも、百歩譲って6人のうち5人が弱くたって大丈夫です。ベルリオンさえ強ければ『黒の六騎士』の威厳が保たれます。

 

でもね、リーダーのベルリオンでさえ、全然強くなかった。

 

f:id:Runba:20180831203317j:plain

劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人の上映スケジュール・映画情報|映画の時間から引用

 

 

ビジュアル的にかなり強そうな感じ!しかし、実際に戦ってみるとそうでもないパターン。

 

唯一メリオダスに対してダメージを与えたのは、油断した隙に『天翼の剣』で一刺ししたぐらい。自身の技では一切ダメージを与えることが出来ませんでした。

 

いや、なんて言うんですかね。メリオダスより強いってのは無いにしても、少しばかりやられ過ぎな気がして不憫で仕方がなかったです。ただ、本当にかませ犬という感じが物凄くて…

 

俺様の実力はとうに<十戒>など超えておるわ!

 

と、豪語するベルリオンさんですが、

いやいやいや…まったく足元にも及んでない。

 

メリオダスとの闘いを見る限り、全然説得力ないんですよね(笑)

 

それに関しては本当に勘違いで、そういう設定なら何らかの形でパワーアップしてメリオダスに苦戦を強いらせるってパターンとかで良かったんじゃない?と思ったりするのですが、特に何も起こらず。

 

明らかに設定負けしてる気がして残念でした。

 

ベルリオンとメリオダスの因縁

 

f:id:Runba:20180831203416j:plain

劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人の上映スケジュール・映画情報|映画の時間から引用

 

 

ベルリオンは『十戒』から選ばれなかったり、十戒の元リーダーであるメリオダスのことを憎んでいたりと因縁があるような雰囲気を醸し出していました。

 

しかしそれなのにも関わらず、ベルリオンがメリオダスに対して何者だ貴様的な感じ。

 

いやいやお前の因縁の相手だよ!(笑)

 

思わずツッコミたくなるような演出。この辺に関しても、もっと深掘りしてストーリーにうまい具合に絡ませてほしかった。面白い設定だけに、個人的に残念。

 

 

ホークママの正体=混沌の母

 

ベルリオンの手によって完全復活させられた魔獣インデュラ。その実力は十戒をも越えるという

 

そんなインデュラの絶望的な攻撃を防いだのは、なんとホークママ!

 

f:id:Runba:20180831204107j:plain

http://www.animecharactersdatabase.com/jp/characters.php?id=78970から引用

 

攻撃を口から吸収し、鼻から吐き出しインデュラに大ダメージを与えました。魔神の上位種である『黒の六騎士』の魂を生贄に捧げて完全復活したインデュラでさえも大ダメージを食らっています。

 

原作では十戒のモンスピートの獄炎鳥を飲み込んだり、デリエリの連撃星に耐えたり…その実力はまだ発揮されていませんが、今作でわかったようにホークママの実力は作中トップクラスと言っても過言ではありません。

 

映画での設定では、3000年前の聖戦で天翼人らを守ったとされるオシロ様が神格化され、銅像や壁画にその姿が表され、その姿はどっからどう見てもホークやホークママのような豚の姿。

 

しかしオシロ様は白色のため、ピンク色のホークや黄緑色のホークママとは違います。

 

と思いきや、ラストの方でホークママのお尻あたりから一部だけペリペリと肌が剥がれ、白色の肌が露わになりました。

 

マーリンの説明によると3000年前に現れた白く輝く生物を『混沌の母』と呼んだという説明がありました。

 

この事から、オシロ様=混沌の母=ホークママ

ということがほぼ確定しました!

 

インデュラは混沌の母により封印されたという設定があったので、このことからもホークママはインデュラよりも強いということが言えますね。

 

原作で混沌の母は『太古の幽鬼アナオン』を生んだとされているのですが、果たしてどういうことなのでしょうか…?

 

まとめ

 

以上、『七つの大罪~天空の囚われ人~あらすじ・感想まとめ』でした!

 

正直あまり映画としては満足できなかったものの、原作にも関わってくる重要な情報が含まれていたので観て良かったなと思います♪

 

原作で混沌の母についてや、ホーク、ホークママについて明かされるのはいつになるのでしょうか?

 

今後の物語にどう関係してくるか楽しみですね!

 

 

【七つの大罪】全巻セットはこちらから↓