漫画を我慢できますか?

好きな事は我慢しないほうがいい。雑記ブログ

漫画を我慢できますか?

ハンターハンター375話“説得”感想

 

 

 

 

 HUNTER×HUNTER374話まとめ&感想はこちらから↓

 

runbanozitaku.hatenadiary.jp

 

 

375話まとめ&感想

 

 

 

今回も王子達の念獣についての説明回でした。

着々と準備が進んできましたね!

 

 

 

 

 

 

第6王子タイソンの守護念獣の能力

 

 

放出系で拡散・徴収型の能力タイソン教典

受け取ったものに目玉ジャクシが憑き、

目玉ジャクシは憑いた者からオーラを徴収

して代わりに幸福を与える能力みたいです。

 

 

愛が大事って説いてる王子の念獣っスからねー害があったらオカシイっしょ 元気玉的な能力じゃないですかね〜〜〜〜

HUNTER×HUNTER375話“説得”から引用 

 

 

ただし、

 

教典唯一の禁忌を破ると厳しい罰が下る

HUNTER×HUNTER375話“説得”から引用  

 

 

 

こういう説明表記がありました。

能力の本質はここにあると思います。

 

 

元気玉のような能力だと考えると、オーラを

徴収しているのは、幸福を分け与えることではなく

禁忌を破った者を罰する為…?

 

それこそ元気玉のように溜まったオーラを全て

攻撃用に転換されるのであれば、恐ろしい攻撃力…。

 

一体、教典唯一の"禁忌"とは?

 

浮気」とかですかね…?

他の王子と関わりを持てばそれが浮気と判断されたりするのかも。

 

 

 

 

 

第2王子カミーラの守護念獣の能力

 

 

 

 

操作系の半強制型の能力で、ある条件を満たした者を

意のままに操ることができるみたいです。

 

"ある条件"というのが気になりますね。

 

現在ベンジャミン兵によって軟禁されているので

ベンジャミン兵が、その"ある条件"を満たして

操ることができれば戦線復帰もありえるかも…?

 

 

しかし、カミーラ自体が念獣の能力自体を把握

できているかどうかが問題ですし…

 

"絶"を辞めなければオーラが出ず念獣も出ない

しかし、"絶"をやめれば"百万回生きた猫"も

発動しません。

 

カミーラの能力についてはこちらから↓

runbanozitaku.hatenadiary.jp

 

 

今の窮地をどうやってから抜けるのか気になりますね。

 

 

 

第5王子ツベッバの守護念獣の能力

 

 

 

変化系の能力で、発動には共同研究者(パートナー)

が必要となる共存型

 

 

守護霊獣の体内で様々な効果を持つ薬品を生成

する事が出来るみたいです。

 

以前、ツェーリドニヒと共闘を申し込む場面がありました。

 

ツェーリドニヒ側に付くとなれば、

回復役としてツェーリドニヒをサポートするかも?

 

 

 

 

第7王子ルズールスの守護霊獣の能力

 

 

 

具現化系の半強制型の操作能力

標的の欲望を具現化して標的が欲望満たせば

操作できるというもの。

 

 

かなり強い能力ですね。

能力をあらかじめ知っていなければ、ハマる

確率はかなり高いかもしれません。

 

 

しかし、強者ともなれば自分の欲望が具現化

されたモノを見ればだと直ぐに分かりそうです。

 

どういった戦い方をするのか楽しみですね。

 

 

 

 

 

 第9王子ハルケンブルグの守護念獣の能力

 

 

 

 

 

強化系相互協力型の能力羽の刻印を持つ者

王子の元に多く集まる程個々のポテンシャルを

高め合い、さらにはその集団が意志統一して

能力を発動すればあらゆる念能力の中でも

最大級になるみたいです。

 

 

更には「記憶の消去・改竄」の能力。

 

ベンジャンミンの私設兵の推察では、

迎撃型(カウンタータイプ)でもある可能性が

あるみたいで記憶の改竄をさせられる可能性があります。

 

 

 

まさに正義感溢れ、主人公気質のハルケンブルグ

にもってこいの能力ですね。

 

結構チート能力。しかしこれまた能力に

自覚がないと脆いもので、部下を数人しか

連れていない時や一人の時は守護念獣の能力の

強化は薄いのでチャンスです。

 

 

 

ここで何もせずに又 犠牲者が出たら見殺しにしたも同然…!

HUNTER×HUNTER375話“説得”から引用 

 

 

 

ハルケンブルグは王に継承戦を辞めるように

直訴しに行こうとしています。その際の動向の護衛は5人。

 

まさに今が絶好のチャンス。

 

ここから大きく物語が動き出しそうな予感がしますね。

 

 

”魔法の抜け道”はフウゲツの能力?

 

どうやらフウゲツ一人が会いたいと思っても

”魔法の抜け道”は現れないみたいです。

 

どうやら何か制約があるみたいです。

 

前回の話を見る限り、

もしかしたらカチョウとフウゲツが

同じ気持ちじゃないと能力は発動しないのかも…。

 

 

そうだわ‼︎魔法のトンネルは……‼︎あの頃私達はこれをくぐってどこにでも行けた ‼︎

HUNTER×HUNTER375話“説得”から引用 

 

 

 

このセリフから考えると、お互いが同時に

行きたいと思った所につながり、

”魔法の抜け道”ができるのかもしれません。

 

 

”魔法の抜け道”の扉はカチョウの目の前に現れず

フウゲツの目の前に現れたのでフウゲツの目の前に

現れたのでおそらくフウゲツの能力だと思います。

 

 

カチョウの能力は、フウゲツを守るための能力…?

 

 

 

 

第13王子マラヤームの守護念獣の能力

 

 念について全く信用していなかったウェルゲー

ですが、ビスケの真の姿(筋肉むきむき)を見て

少し信じた様子です。

 

 し…信じられん こんな…こんなに美しい人がいるなんて…‼︎

 

まさかの筋肉フェチのウェルゲーさん(笑)

 前回あんなに嫌なキャラだったのに今じゃ好感すら持てますねw

 

 

ツンデレながら少し協力的になったウェルゲーの

おかげで、消えた1013号室の検証ができました。

 

 

やはりマラヤーム王子達やビスケらがいる

1013号室は、現実世界と隔離された

別空間に作られた部屋のようです。

 

一方通行で体が完全に部屋の扉から出れば

もうマラヤーム王子が作り出した別空間には戻れないみたいです。

 

発動条件は何でしょうか?

 

まだまだ情報が少ないですが、

今後どのような展開になるか楽しみですね。

 

 

 

 

最後に… 

 

今回は前回終わったチョウライの

守護念獣の能力についてから始まるかと

思いましたが違いましたね。

 

着々と準備が整っているといった様子。

 

今回も休載の告知はありませんでした。

よかった(笑)

 

能力が着々と明かされていき、

いよいよ戦いになりそうですね。

 

幻影旅団とヒソカの方も気になります…!

 

本当にこのまま休載しずに続けて欲しいです。

毎週毎週ワクワクが止まりません。

 

来週も楽しみです!