漫画を我慢できますか?

好きな事は我慢しないほうがいい。雑記ブログ

漫画を我慢できますか?

ハンターハンター372話”消失” 感想

 

 

 

 

第372話 まとめ&感想

 

 

※継承戦に入ってからのHUNTER×HUNTERは内容が濃すぎて

説明できるほど私も理解していないので今回も

 重要な部分のまとめと感想にさせていただきます。

 

 

 

 

 

 

 第13王子マラヤームの念獣に変化が⁉︎

 

第12王子モモゼの警護に当たっていたハンゾーだったが

何者かの手によって暗殺にされてしまったモモゼ。

 

そのせいかマラヤームの念獣に変化が…。

 

 

 

 

 

 

形相が険しくなり肥大化し、身体中にトゲが現れました。

 

ビスケ曰く、トゲは防衛本能

不安、恐怖、ストレスやトラウマが念獣に影響を与えているとのこと。

 

 

 

 

 

 

 

ハンゾーの念能力が明らかに

 

 

 

 

能力は複数あるみたいで、今回使ったのは

分身の術!なんとも忍者のハンゾーらしい能力。

 

 

f:id:Runba:20180206153419p:plain

 HUNTER×HUNTER第372話から引用

 

 

 

 

能力の特徴としては、

 

・本体に触れられたり声を掛けられたら強制解除
・壁の中をすり抜けれる幽体。浮ける。会話可能。
・実体化も可能

 

ハンゾーはこの能力を使って、モモゼ殺害の容疑者である

タフディーに能力を自白させた後に殺害。

 

殺害は太い縄のような物で縛り上げて絞め殺し

自分の体で支え、てこの原理を利用して締め上げていました。

 

当然タフディーに触れれなければそのようなことは

できないと思うので実体化と幽体化を使い分けれるということですかね。

 

なんとも便利な能力!

 

制約は他にもあるのでしょうか?

本体に触れられた、声を掛けられたら

強制解除だけでは足りないような気も…

 

さらに気になる点があります。

 

締め上げる際に使用した太い縄ですが

タフディーが拘束された部屋には置かれていませんでした。

 

太い縄を持ち運んできたのか具現化した縄なのかどうか

気になりますね。

 

持ち運んできたものだとしたら、モノを持ったまま

幽体化できるor手に持ったモノを幽体化できる

ということになるのでチートすぎませんか?

 

深く考えすぎでしょうか。

 

 

モモゼを殺害した犯人が判明

 

 

先ほどにも書かせてもらったように

モモゼ殺害の犯人はタフディーでした。

 

彼の所属は第5王妃スィンコスィンコ

第8王子サレサレ母親です。

 

f:id:Runba:20180206154843p:plain

 HUNTER×HUNTER第366話から引用

 

 

継承戦とかクソくらえーーーーーーェェ‼︎!

 

 

f:id:Runba:20180206154902p:plain

HUNTER×HUNTER第362話 から引用

 

 

 

 

あの女遊びが激しいサレサレ。継承戦には全くの無関心といった

印象でした。母親スィンコスィンコの陰謀でしょうか?

 

 

 

 

第9王子ハンケンブルグの能力 団結の証

 

f:id:Runba:20180206153556j:plain

HUNTER×HUNTER第372話から引用

 

手の甲にできた刻印(マーク)は、王子と同じを持つ者の証だそうで

要請型の操作系の能力に似ているそうです。

 

要請型…対象者に選択の余地を与えつつ能力者の為に動いてもらう事を目的とするタイプの能力者

 

証を持っている者の念の知識が有る無しに関係なく

半覚醒状態になっていて、オーラがたくさん流れ出ているが

それをコントロールできない状態みたい。

 

 

 

問題は、ハンケンブルグの志が矛盾しているという事らしい。

簡単に説明すると…

 

 

王政を撤廃したいから継承戦を制し、

自ら王になれば王政を撤廃できる

 

         ⇅

 

儀を中断させたい。殺し合いをしたくない。

 

それが念獣にも現れてしまうかも?

 

 

問題点は王子自身にも刻印がある為、

自分にも能力のリスクが降りかかるかもしれないという事です。

 

王子の信念がリスクにならないようにするために

能力の解明を急がなければなりません。

 

クラピカはそのことに協力するという形で

実質、第3王子と第9王子と協定を結ぶことになりました。

 

 

 

消えたハンゾーの本体とビスケ

 

 

分身のハンゾーが部屋に戻るとハンゾーの本体と

その見張りを請け負ったはずのビスケの姿がありませんでした。

 

そして王子の部屋には先ほどより小さくはなっている

より禍々しさが増しているマラヤームの念獣。

 

敵味方関係なしに攻撃を加えようとしている様子。

 

ハンゾーの本体がおらず、

 先ほどより小さくなっているということは

王子の念獣の能力で何か起こったのでしょう。

 

 ハンゾーの本体に声掛けしたり触れば分身の術は

 解けてしまいます。解けていないということは

少なくともビスケが移動したということはない。

 

つまり触れられない攻撃にあったと考えられます。

 

一体マラヤーム王子の身に何が起きたのでしょうか。

または何かしらの心境の変化があったのでしょうか。

 

気になるところです。

 

 

 

第2王子カミーラVS第1王子ベンジャミン

 

 

f:id:Runba:20180206153848p:plain

  HUNTER×HUNTER第372話から引用

 

 

 これから第1王子を殺しに行くわ 私に協力するかここで死ぬか  好きな方を選んで頂戴 私って優しいでしょう?

 

 

ベンジャミンの部下に対していきなりの発言。

 

 

 

第2王子様…冗談では済まされませんぞ…?

 

とガン垂れる私設兵。

 

 

 

 

来週にはついに王子の戦闘が見られそうですね。

 

今週の最後の描写を見る限り、

カミーラの強キャラ感は半端じゃありません。

 

 

 

 

 

ライオンの首を腕力でへし折るベンジャミンに対して

どんな能力でどんな戦い方をするのか楽しみですね。